その他」カテゴリーアーカイブ

寄付税制を説明できるようになる

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a寄付について、一定の条件を満たしている団体は、税制上の優遇措置の対象とされています。寄付税制は、寄付をすることで社会貢献したいと考えている個人や法人を後押しするものです。そこで、優遇措置の対象団体になること、そして、それを寄付者に対して説明ができるようになっておくことが求められます。

※右の冊子はシーズ・市民活動を支える制度をつくる会が発行しているものです。無料でダウンロードできます。
続きを読む

システム導入に向けたチェックシート

新しいITシステムの導入によって、効率的なファンドレイジングが実現するのは確かです。

メールやホームページは基本として、SNS、支援者データーベース、会計ソフト、グループウェア、オンライン決済、メルマガ配信、ウェブアンケートなどのシステムを、ファンドレイジングに際して「縦横無尽」に活用している団体が増えています。

企業であれば、効率化、コスト削減といった大義名分のもとに、社員は「気が進まなくても、会社の指示なら仕方なく使う・・・」という感じで新しいシステムの導入が進んでいくのでしょう。他方、NPOの場合、「思いと志で集まったフラットな関係の仲間」が活動をしていく中で、「合意形成」が強く求められます。ITシステムを導入する際も同じです。

woman-looking-world-technology-100191555ただ、とかく何か新しいことを始めようとすると、推進派と慎重派に分かれがちで、双方に言い分と気分があり、漫然と話し合っていても埒があきません。また、意見を求められた際に、「そもそも、自分には不得手な分野だから意見なんて言えいない・・・」と黙ってしまい、それでいて不満が残るというのも、スムーズな導入や、その後の活用に支障をきたすことになります。そこで、こんなチェックシートを各自に配り、検討してもらい、そして意見の集約をはかってみてはどうでしょう? 続きを読む

中期計画の策定で行きづまった時の「OPS」

団体の中期計画の策定の際に「今やっていることで手一杯なのに先のことなど考えられない・・」という気持ちになる場合があります。策定チームが団体内に立ち上がったのに一向に策定作業が進まない・・そんな時には、「Opportunity Planning Session (OPS)」をなさってみてはどうでしょう。 続きを読む

皆様からのご意見〜アンケートの結果のご報告〜

「ファンドレイジング・ラボ」を立ち上げ、情報発信サイトをオープンして半年目を迎えました。これを機に「ファンドレイジング・ラボ」をより皆様にご活用いただけるものとするためのご意見を頂きたく、アンケートを実施させていただきました。100人の方にご回答いただきましたこと、心からお礼申し上げます。その結果を共有させていただきたいと思います。 続きを読む

理事とファンドレイジング 〜3G Philosophyってなに?〜

usa米国では、理事について“3G Philosophy – Give, Get, or Get Off!”と言われています。寄付をし(Give)、寄付を集め(Get)、それができなければ立ち去れ!(Get off)ということです。「理念(Philosohy)」というより、「掟」みたいな厳しさを感じますが、それほどにファンドレイジングについて理事の役割が重要だとされています。

他方、日本のNPOの理事会は、団体の運営を管理するという責務を果たしてはいても、ファンドレイジングについては「事務局の仕事」と考えがちです。日本の理事会にもっとファンドレイジングに関わってもらうにはどうしたらいいのか、3つの役目「日本版3G」と7つのポイントにまとめてみました。 続きを読む

ビジョン、ミッション、ストラテジー、そして・・・

NPOに不可欠な「V.M.S」。最近流行の頭文字ネタのようですが、ビジョン、ミッション、ストラテジーを意味しています。なぜ「V.M.S」が大事なのか、今さらのように思われるかもしれませんが、考えをまとめてみました。そして考えているうちに、もうひとつの「S」の大切さにも気づきました。そうなると…「V.M.S.S」になりますね。 続きを読む

「3分間ファンドレイジング講座」について

ファンドレイジング・ラボには、ブログ形式でファンドレイジングに関するミニ講座を書きためていこうと思っています。ファンドレイジング一般について、寄付、会費、助成金などの個別のテーマ、関連ニュースの解説、そしておススメ図書のブックレビューなども盛り込んでいきたいと考えています。

そこで最初に悩んだことが3つ。「タイトル」と「ひとつの記事は何文字くらいにすればいいのか?」と「どのくらいの頻度で書けばいいのか?」ということでした。 続きを読む